PROFILE

芙蓉 まりこ(ふよう まりこ)
県立里島高校 普通科 支援火器コース 2年生

海兵隊の指導によって防衛校化された里島高校は、同組織の影響を色濃く受けた指定防衛校である。厳しい初等訓練が有名で、小銃射撃の項目を全学科において必修化してる。
「攻めることで守る」という教育理念を掲げており、モットーは「常在戦場」。

そんな里島高校の生徒会で副委員長を務める芙蓉まりこは、頼りがいのない生徒会長に代わり実際の生徒会の運営を影から支えている。副会長の身にありながら、負担の大きい機関銃手の役を自ら買って出ているのは「必要な場所に、自在に火力をぶつけたいから」という動機から。
背の高さやさばさばした性格のおかげで女子のファンが多くいるが本人は可愛いものや女の子らしいものが好き。趣味は手芸と料理。
Satojima Senior High School was turned into a defense academy by the guidance of Marine Corps, thus as a designated defense academy, it is strongly influenced by that organization.
It is known for the tough primary trainings, and the musketry is the requisite for all courses.
Their educational philosophy is “Defend by Attacking”, and their motto is “Always Assume You Are in a Battlefield.”

As the vice-chairman of the student council at Satojima Senior High School, Mariko Fuyo manages the student council from behind the scenes because the chairman is undependable. The reason why she voluntarily takes up the role of a machine-gunner which requires quite devotion is her passion to “charge the firepower at my own discretion to where it is needed.”
Being tall and frank in personality, she is quite popular among girls, but she loves cute and girlish items. Her hobbies are handicraft and cooking.

WEAPON

  • 射程 Firing range
  • 精度 Accuracy
  • 信頼性 Reliability
  • 機動性 Mobility
  • 拡張性 Expandability
  • 全長 Length
    : 1,245mm
  • 重量 Weight
    : 11,600g
  • 口径 Caliber
    : 7.62mm
  • 銃身長 Barrel length
    : 627mm
  • 使用弾薬 Cartridge
    : 7.62x51mmNATO弾
  • 装弾数 Ammo capacity
    : リンクベルト給弾
  • 作動方式 Action
    : ロングストローク・ガスピストン、オープンボルト
  • 発射速度 Rate of fire
    : 650-1000発/分
※この諸元は作中の指定防衛校で使用されているモデルの数値です。
M240G General-purpose machine gun

ベルギーで開発されたFN MAGを改修し、アメリカ軍が採用しているマシンガンが「M240」シリーズである。母体となったFN MAGは、ドイツ軍が第二次大戦中にMG34・MG42で確立した「汎用機関銃」というコンセプトに大きな影響を受けたモデルで、部品の組み換えなどによって歩兵携行型の軽機関銃から三脚設置型の重機関銃、車載用機関銃など様々な用途に対応することが可能だ。連射で熱くなった銃身の交換が容易で、ガス圧利用・オープンボルトでの作動方式や、既存のBARやFALによって信頼性が立証されてたティルトボルトロッキングシステムを採用しており、動作の信頼性も高い。これによりFN MAGシリーズは世界80ヶ国で採用され、15万挺もの生産数を誇るベストセラーモデルとなっている。

1980年代、アメリカ海兵隊はFN MAGを装甲戦闘車LAV-25用車載機銃として採用した。この車載型FN MAG=M240/M240E1に、フラッシュハイダー、照準器、銃身用キャリングハンドル、銃床、歩兵型ピストルグリップ、二脚からなる「歩兵携行キット」を追加し、歩兵用汎用機関銃として1994年から配備しているのがM240G(G=ゴルフ)である。

現在アメリカ軍では、M16/M4と同じ弾薬を使用する5.56mm口径の軽量な機関銃「M249ミニミ」を分隊単位で配備し、重量はあるがM16やM249の射程外がカバーできる7.62mm口径のM240B/G汎用機関銃を小隊単位で配備するという2本立ての機関銃運用によって、火力支援の隙間を補完している。



LittleArmory [LA006]M240Gタイプ

FN MAGを改修し、米軍が採用している汎用機関銃M240シリーズ。むき出しのバレルとガスシリンダーが武骨な印象のG型は、ベースのM240に「歩兵携行キット」を組み合わせ、地上戦用とした海兵隊採用モデル。 キットでは、M145 ELCANタイプの機関銃用スコープの他、7.62mmNATO弾のベルトリンクと、コンバット アムニション パック(弾薬収納袋)を付属。※ベルトリンクは軟質樹脂製(PVC)。

製品紹介ページ

close [非表示にする]